スタッフブログSTAFF BLOG

新型レヴォーグSTI Sport R登場!

2022.03.18
松本村井店

いよいよスバル信州にもWRX S4の試乗車が一部店舗に配備されましたね。

残念ながら松本村井店にはWRX S4の試乗車は配備されませんでしたが・・なんと!

WRXと同じパワートレインを積むレヴォーグSTI Sport R EXが配備されました!!

新色のサファイアブルー・パールです。

というわけで今回は松本村井店の早野が新型レヴォーグを詳しくお伝えします。

Rって何?と思われた方もいるかと思います。

以前から新型レヴォーグに「ハイパワーエンジンが追加で出るんじゃないか?」と噂されていた2.4Lターボです。

これから世界的に自動車は、2030年代のガソリン車新車販売禁止、電動化に向かうこのご時世、最後にガソリンエンジンの集大成が登場しました。

 

□新旧ハイパワー・レヴォーグおさらい

旧レヴォーグ 2.0Lターボ(VMG)2014~2020年

2.0L DOHC 直噴ターボ(FA20) スポーツリニアトロニック VTD-AWD

最大出力:300馬力/5600回転

最大トルク:400N・m/2000-4800回転

燃費:WLTCモード計測なし JC08モード13.2km/L

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

New レヴォーグ 2.4Lターボ(VNH)2022年~

2.4L DOHC 直噴ターボ(FA24) スバルパフォーマンストランスミッション VTD-AWD

最大出力:275馬力/5600回転

最大トルク:375N・m/2000-4800回転

燃費:WLTCモード11.0km/L JC08モード13.1km/

 

最大出力、最大トルクの発生回転域は同じですが、若干スペックダウンが気になると思います。

その真相はWRX S4の先行展示の時のブログでもお伝えしました。

2.4Lターボは実用域でのエンジンレスポンスが向上しています。

論より証拠、乗ってみましょう!!

旧型のFA20ですが、アクセルを強く踏んで一秒くらいラグがあってからゴーーっという強烈な加速でした。

それと比較して新型FA24は同じくらいアクセルを踏み込むと、明らかにワンテンポ速いレスポンスで加速!

一瞬で行きたい速度域(法定速度)に到達するような感覚です。

最近の1.8ターボとかe-BOXERでも十分パワーありますが、

2.4ターボは「そうそう!SUBARU車ってこんな感じだったよね!!」って久しぶり思い出しました。

実は何気にスバルグローバルプラットフォームになって初のハイパワーエンジンの組み合わせ。

しかも低中速のトルクが太いので、街乗りも扱いやすい印象です。

 


STI Sportのドライブモードセレクトはステアリングスイッチで簡単に操作が可能です。

そして電子制御なので瞬時にキャラが変わります。

 

パワーユニット、ステアリングの重さ、サスペンションの硬さ、AWDの制御、アイサイトの追従速度、エアコンの除湿制御まで、これ一台で「高級車の乗り味」から「刺激的なスポーツカーの走り」まで何台分も楽しめちゃいます。

「コンフォート」は無段階変速で渋滞時のストップ&ゴーもショックのない滑らかさと、乗り心地。

一番刺激的な「スポーツ+」を選択するとスバルパフォーマストランスミッションが超高速に変速。

シフトインジケーターに「1」~「8」までの何速か表示されます。

コーナー進入特に強いブレーキングをすると、自動でブリッピングしてダウンシフト。

これはもうCVTの常識を破る仕上がりです!

試乗の際は、是非「スポーツ+」のパドルシフトやブレーキングで変速をチェックしてみてください。

 

VTD-AWDは前44、後55のトルク配分になるので後輪駆動よりのFR車の様なハンドリング。

アクセルを踏んで加速時に、後ろから蹴られるようなフィーリングが癖になります。

まさにAWDの走破性と、FRの回頭性の長所を両立したいいとこ取り。

 

最後に気になる2.4L新型レヴォーグのお値段は、、、

ドイツの600万円クラスのプレミアムワゴン勢とも対等に戦える走行性能でありながら、、、

 

STI Sport R が税込4,389,000円

STI Sport R EX が税込4,774,000円【アイサイトX搭載モデル】

 

アイサイトXやゴルフバックが4つ搭載できるワゴンの実用性を考えるとバーゲンプライスではないでしょうか。

 

□最後に自分が買うなら見積り

セラミックホワイトのSTI Sport R EX にスマートリヤビューミラーにSTIエアロパッケージを装着。

総額566万円!!

おお!なかなかいいお値段!

いつものようにそれをSUBARU残価設定型クレジットで組んでみます。

例えば頭金170万円、ボーナス12万円、5年後の残価額1,887,000円だと月々25,100円!!

さらに過去にスバルファイナンスをご利用された事のあるお得意様は1%金利が優遇されるキャンペーン中なので同条件で月々22,600円!!

普通500万円貯めるにはかなりの年月を要します。

SUBARU残価設定型クレジットなら本当に欲しい時に時間を前倒しして無理なく買えるのが最大のメリットです。

というわけで今週末も店頭で新型レヴォーグの試乗、お見積もり依頼お待ちしております!!

 

 

【新型レヴォーグの過去記事】

【先進安全】アイサイトXの機能を高速で体験 2020.11.27 

【スポーティ】中田課長が新型レヴォーグを熱く語る 2020.12.4

【ワゴン価値】新型レヴォーグに色々積んでみました 2020.12.8

【日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念】日本のクルマづくりのルーツを探る2020.12.29