スタッフブログSTAFF BLOG

新型レヴォーグ先行予約開始!

2020.08.21
松本村井店

8月20日(木)、新型レヴォーグの情報解禁となりました。

まだ正式発表前で展示車もない平日にも関わらず、松本村井店でも8月20日初日で4台ご注文いただきました(ありがとうございます!)。

今週の土日展示会も新型レヴォーグで盛り上がりそうです!

我々スタッフも、この日の為に研修、勉強会を重ねてきました。

商品勉強すればするほど今回の新型レヴォーグは、はっきり言って熱いです!

 

何が熱いか。

 

個人的にですが、、

 

熱いポイントその1

デジタルコクピット採用!

遂に国産初!メーター画面に地図表示ができます。

これまでアウディA4アバント、BMW320ツーリング、ボルボV60といった600万円クラスの欧州のプレミアムワゴンでしか採用がなかった機能が、遂に国産のSUBARUで手に入ります。しかも300万円台のバーゲンプライス。

まずはこのインテリアをご覧ください。

アイサイトXグレードはデジタルコクピットと言われる12.3インチフル液晶メーターと11.6インチ縦型のセンターインフォメーションディスプレイ。

ナビ画面が11.6インチとデカイです!

しかも縦型なので地図表示の時に進行方向の先まで見やすいです。

 

熱いポイントその2

エンジンからプラットフォームまで、何から何まで新設計!

通常の車のフルモデルチェンジだと、ボディーや内装のデザインが変わっただけ程度のクルマもある中で、

新型レヴォーグは、なんとエンジン、ミッション、AWD制御、新プラットフォーム採用などなど。

そこまでやるか!という次元のフルモデルチェンジです。

まだお客様に新型レヴォーグの試乗、体感いただけないのが残念です。

 

熱いポイントその3

高度運転支援「アイサイトX」に進化!

アイサイトver3でも十分凄かったですが、

渋滞時のハンズオフアシスト、アクティブレーンチェンジ、カーブ前速度制御、料金所前速度制御など多数の新機能。

個人的には「青信号お知らせ機能」が熱い!笑

まだまだお伝えしたい事が盛りだくさんですが、一回のブログには書ききれないので、とりあえず本日はスペックとカラーだけ紹介です。

 

新型LEVORG(VN5)

水平対向1.8L 直噴ターボ リニアトロニック AWD

全長×全幅×全高:4755×1795×1500(mm)

最低地上高:145mm

燃費: WLTCモード 13.6km/L(GTは13.7km/L)

燃料:レギュラー(63Lタンク)

荷室容量:561L

360°センシングする「新世代アイサイト」は全車標準装備です。

さらに目玉のアイサイトX(EXグレード)を選ぶと「渋滞時のハンズオフアシスト」、「渋滞時発信アシスト」、「カーブ前速度制御」、「料金所前速度制御」、「アクティブレーンチェンジアシスト」、「ドライバー異常時対応システム」など高度運転支援システムを搭載します。

 

続いてグレード別の車両本体価格(消費税10%込)です。

GT 3,102,000円

GT EX 3,487,000円

GT-H 3,322,000円

GT-H EX 3,707,000円

STI Sport 3,707,000円

STI Sport EX 4,092,000円

 

ボディカラーは全8色です。

クリスタルホワイト・パール(33,000円高)

1番人気カラー。村井店の初日受注の内3台はこの色でした。

 

アイスシルバー・メタリック

シルバーが似合うクルマは絶対カッコいいです。

 

マグネタイトグレー・メタリック

塊感のあるリヤビューに似合うカラーですね。

 

クリスタルブラック・シリカ

人気のブラック。洗車直後は鏡のような輝きです。

 

ピュアレッド

SUBARU=青のイメージとは対極的ですが、エネルギーのある色です。

 

クールグレーカーキ

都会にも自然にも溶け込むソリッドカラー。

 

ラピスブルー・パール

SUBARUといえば青。上質で安心感があります。

 

WRブルー・パール(STI Sport専用色)

SUBARUのモータースポーツを象徴するカラーを最上級STI Sportに採用。

 

という訳でいよいよ店頭でもお話しできるので、「もっと詳しく知りたい」「見積もり欲しい」「年内欲しい」という方は、是非ショールームへ。

新型レヴォーグを熟知したスタッフが皆様のご来店お待ちしております。

 

↑アイサイトXのVR体感中の風景