スタッフブログSTAFF BLOG

フォレスタースポーツの試乗レポ【佐藤係長編】

2020.11.15
松本村井店

前回予告したフォレスターSPORTの試乗インプレッションです。

 

本日インプレッションしたスタッフは

 

常にお客様との約束で忙しく

 

なかなか捕まらないレアキャラ

 

松本村井店でカーライフアドバイザー歴20年のベテラン

 

佐藤係長!

 

係長の愛車歴はレガシィばかり。そんなレガシィファンである係長が、なんと先月新型フォレスターのターボモデル、フォレスターSPORTを自身で注文したのです!

自分の車が来る前に試乗車が来たので(当たり前だよね。)ワクワク感満載の係長に佐藤流インプレッションを語ってもらいます。

なんか自分の車が納車されたようなニコニコ顔。

さあ、私と試乗にスタートです。終始ニコニコ。いつも机ではパソコンを睨みつけてる顔ばかりなのにね…

 

久しぶりの新型エンジン。これからレヴォーグにも搭載されるSUBARUの大事な大事な新生児。さーて、どうかな?ちなみにスペックは177psの30.6kgのフラットトルク。ここからは係長のコメントに。

「まずは登り坂。おーっ、軽やかーっ。う〜ん…これはですね…トルクモリモリをCVTで加速させてるね!いいね、いいね。」

係長、速いですか?

「う〜ん…これはですね…速いとか一言で表現する時代は終わったって感じだね。軽くて、スムーズで、グングン来て…バーンって加速じゃなくて…」

運転しながらのコメントって難しそうですね。

 

カーブの感想はどうですか?

「う〜ん…柔らかなイメージの足回りだけど、頭がどんどんインに入ってく感じ。思ったよりバタバタしない。フロントが軽いのか?」

だんだんコメントが評論家っぽくなってきた瞬間でした。

 

お店に戻ってフォレスターのユーティリティもチェックしていきましょう。SUVに求められるのは、「走行性能」と「ユーティリティ」の両立です。運転を楽しむのも大事ですが、目的地で何か楽しむという実用性も大事なポイント。

 

今回の試乗車には、バンパー下に足をかざすと扉が開く「ハンズフリーリヤゲート」48,840円(※別途のれんわけハーネス2,200円が必要)が付いてます。荷物で両手がふさがっていても開けられるのが便利ですよね。

 

ハンズフリーリヤゲートは、ゆっくり足を入れて、ゆっくり足を引くのが開けるコツ。

 

ゴルフバッグ4つが楽に積める大開口。ゴルフ以外でもキャンプや旅行に、どんなシーンでも、どんなライフスタイルにもマッチ。

 

「今乗ってるアウトバックって、ゴルフバックが斜め積みしか出来なくて2つしか載らなかったんだよね。フォレスターは横積みできるから、4つ載るな。嬉しいやら、困るやら」

なんで困ることあるんですか?

「例えばさぁ、みんなでゴルフに行く時にクルマ出してって感じじゃんね。それは全然いいんだけどさぁ、例えばお迎えに行く順番とか考えなきゃいけないじゃんね…」

出ました!例え話の佐藤節。今日も「う〜ん…」で始まり、「例えば…」これだと説明が長くていつ終わるかわからないのでこの辺で終わり…笑。

 

皆さまも魅力的な新エンジンを搭載した新型フォレスターを松本村井店で乗ってみてください。

試乗しなくてもご来店で便利な「マグネット型スティックLED」が貰えますよ!

数に限りがあるのでお早めにに。。