スタッフブログSTAFF BLOG

お宝発見👑✨

2020.07.13
松本インター店

 皆さまこんにちは、松本インター店です。


 梅雨も半ばに差し掛かり、雨の日が目立っておりますね☔️☁️
 今年はコロナの影響もあり、自宅にいらっしゃる機会も多いのではないでしょうか。

 

 そんな時こそ張り切ってしまうのは… お掃除、整理整頓🧹!!ですよね!

 

 

  さて先日、そんな綺麗好きなインター店のお客様より 素敵なプレゼントを頂きました🎁

 

 

 昭和53年7月13日(木)信濃毎日新聞の広告だそうです!現在から約42年前😳!

 

 お客様の物持ちのよさに感嘆しつつ、情報量の凄まじいこの記事を まさかの平成生まれの私がご紹介して参ります( ✌︎'ω')✌︎!

 

 

 まずはセンターを飾るこの一台!皆さまご存知ですか?

 一般的な乗用車として初の4WDをグレード展開に取り入れ、【スバルといえば4WD】のイメージを確立してくださった大先輩、

 

スバル レオーネ  (1971〜2001)

 

 レオーネで築かれたノウハウは、のちのスバルを支えるレガシイやインプレッサに生かされていったそうです。思わずレオーネ“さん”と言いたくなりますね🙇‍♀️

 

 インター店のメンバーでレオーネより歳上なのは約半数、、、私は写真でしか見たことがありません。いつか会えたらいいなあ。実物お乗りの方は是非遊びにいらっしゃってください👋

 

 新聞記事に戻りましてこのレオーネは新型、ということでモデルチェンジのタイミングだったのでしょうか。翌年には2代目になっていたようなので、最終のモデルチェンジ?先輩方、また教えてください!

 発表試乗会の名で、サマーボートやビーチパラソルが賞品としてあったようです🤭豪華ですね!

 写真の上の方には●衝撃吸収バンパー:8km/h以下の速度なら、確実にショックを吸収、タコメーター、ファブリックシート、荷室カーペットなどの豪華装備…というような記載があります。(ちょうど該当箇所が見づらくなってしまっております。申し訳ございません)当時の豪華装備を詰め込んだ車種だったよう…(°_°)💫  

 

 今大半のスバル車が標準装備している歩行者保護エアバックや、ボンネットの素材形状の工夫は、この頃から考えられていた安全性へのこだわりの進化系なのかもしれませんね。経験値の高さを改めて感じました。

 

 懐かしいと思う方は車名だけでなく、右下の松本スバルという社名の方も懐かしく感じるのではないでしょうか。

 

 

 ステキなプレゼントをくださったお客様、誠にありがとうございます😆!

 平成生まれの私には新しいことの発見ばかりで勉強になりました。またこのような貴重な資料等お持ちの方は、是非我々にもご紹介頂ければ嬉しいです😂