スタッフブログSTAFF BLOG

SUBARU残価設定型クレジットのメリット【なんと最大27万円サービス】

2020.06.08
松本村井店

皆さんこんにちは。

緊急事態宣言は解除されましたが、コロナ前とは別世界になってしまいましたね。

自動車業界も昨年より需要が落ち込み、買取価格の相場が不安定になっています。

せっかく欲しい車が出てきて買おうとしたら、今の車の価値が下落・・・。

結局予算が足りなくて新しい車が買えない、という方も最近いらっしゃいました。

そこで!

下取車の相場に左右されない買い方のご提案です。

SUBARU残価設定型クレジット 安心プロテクト3

 

残価はご契約時に設定した残価額を保証します。

返却時の下取り相場に左右される心配はありません。

現金一括購入や銀行ローンではできない強みです!

しかも残価設定なら手元に現金を残して置けるので、今回のコロナショックのような時も安心して月々決まった金額で新車に乗れます。

 

月々1万円台だとケータイや光熱費の支払い感覚で新車が買えそうな気がしてきます。

ちなみに1番高額な最終回支払額新車乗り換え車両返却の場合には、規定の走行距離以内、規定内のキズ減点であればお支払頂く必要はありません。

SUBARU残価設定型クレジットで、期間ごとに新型車に乗り換えて行くのも、2回目の車検も受けず、高額消耗品(タイヤ、バッテリーなど)を交換せず、5年新車保証が切れないので無敵パターンです。

毎回車検にいくら掛かるのか不確定な乗り潰し派の方は目から鱗ではないでしょうか。

さらにもう一つ、SUBARU残価設定型クレジットには安心プロテクト3が無償で付帯!

実はこれ、他社の残クレにはない凄いサービスなんです。

どんなサービスかというと、バンパー、ドアミラー、ドアパンチの修理サービスを最大5万円まで保証

しかも3年間で6回まで受けられます(年間2回まで)。

自己負担5,000円ですが、計算すると300,000円(最大6回分)−30,000円(6回分の自己負担)=最大270,000円の修理が可能!

ピカピカの新車に傷や凹みがついても、僅かな負担で綺麗に直せます。

先日、納車してすぐにドアパンチされて落ち込んでいたお客様も、僅か自己負担5,000円で綺麗に直せて大変喜んで頂けました。

当初は現金一括で検討されていた方も、安心感のあるメリットをご提案したところ、SUBARU残価設定型クレジットで購入されるケースも増えてきました。

ショールームで残価設定型クレジットに精通したスタッフが、お客様に最適なプランをご提案させて頂きます。