スタッフブログSTAFF BLOG

スピーカー交換のススメ♪

2022.05.28
諏訪店

車に乗っていると(特に1人のとき)、何かしら音楽を聴くと思います。

ラジオや、お気に入りの音楽・音楽に合わせて歌ったりなどしているのでは?

音楽を聴く時に何か物足りないよねぇとか、ライブに行くと迫力あるのになぁ・・・なんて感じませんか。

実はスピーカーを交換するだけでかなり音って良くなります。

スバルでは、オプションでスピーカーを予算に応じて用意してありますのでご検討ください。

具体的には、音(声)がはっきりする・楽器の音が実際の音に近くなる・低音から高音まで鳴る(迫力が出る)・音量上げても聞きやすい

などなどです。

車の中での音が良くなると更にドライブが楽しくなることでしょう。もっと遠くへ行きたくなるかも

自分のフォレスターのスピーカー交換したのでご紹介。

DIATONE DS-G50というスピーカーです。

現行モデルではありませんがご了承ください。DIATONEは家庭用のスピーカーも手掛けており品質は折り紙付き。

振動板が特殊な『NCV振動板』、ウーファー(大きいスピーカー)とツイーター(小さいスピーカー)の振動版の素材を同じにできるので、音の統一感が生まれます。音の伝播速度は金属を超える素材です。

スピーカーの性能をしっかり発揮させるため、ドアにも細工(デッドニング)をします。

スピーカーの裏側にあたるドアパネルに吸音材を貼ります。(スピーカー裏側の空気振動を吸収しドアに当たって跳ね返る振動を無くします。)

ドアに鉛シートを張り、ドア自体をしっかりしたスピーカーの箱にします。

スピーカーに枠を付けてドアトリム内に音が抜けないようにします。

たったこれだけでもだいぶ良くなります。

更に、クロスオーバーネットワーク(それぞれのスピーカーに適切な音域を割り振る機械)を市販品に交換。

取り付け作業性向上のため、簡易的なコンデンサーを使っているのですが、専用設計のものに。

 

車内で歌いたくなる音いかがでしょうか

今まで聞いていた音楽が変わります。是非ご検討ください。

このクラシックギターは諏訪市に工房を構える<小平ギター>さんの製品で、職人さんの気持ちがこもった楽器です。

諏訪はオルゴールや楽器の生産も行われており、音にこだわる方もいらっしゃるのでは。

残念なことに、せっかくの楽器ですが中山家にあまり使われず?保管されております。

                                                                                                       諏訪店 中山