スタッフブログSTAFF BLOG

【長野若里店】 クルマにもできるウィルス対策、まだあります!

2020.03.08
長野若里店

みなさまこんにちは!

先日ブログで、車内のウィルス対策の方法の一つとして、”クレベリン”というサービスメニューをご紹介させて頂きました。

本日は、どなたでも簡単に、すぐに実施できるウィルス対策をもうひとつご紹介します!!

 

一般的な感染症予防の方法として、

コロナウィルスに限らず、インフルエンザなどの感染症も、

こまめな手洗い・うがいと、人ごみを避ける事が対策になるのはもうご存知の事と思います。

特に密室空間はウィルスが滞留しやすく、気になるところです。

こまめに窓を開けて部屋の空気を入れ替えたりエアコンなどで空調したり換気扇を回すとも効果があるそうです。

 

さてさて、密室といえば、正に自動車の室内は密室空間と言えますね。

クルマの換気は、窓を開ければ簡単ですね。数分もあれば室内の空気を入れ替える事ができます。

しかし、この時期花粉の飛散が気になる方、多いと思います…

もちろん私もバッチリ花粉症なので、この時期はクルマの窓はもちろん、自宅の窓すら開け閉めはなるべくしないようにしています。

ですので、クルマもお部屋と同様に、エアコンをつけて換気をするのがオススメです。

この際ポイントになるのは、”外気導入”にしておくこと!!

”内気循環”にしておくと、室内の空気が循環するので、空気の入れ替えにはならないのです。

最近のクルマは、多くが”オートエアコン”だと思います。

オートエアコンをご使用の際は、自動で風量調整や内気・外気の切り替えをしますので、オートエアコンの表示を見てみると内気・外気どちらになっているかわかります。

換気を優先したい場合は手動で”外気導入”を選べばOKです!

なお、内気循環の方が、外の花粉や廃棄ガスの侵入はより防げるのですが、最近のクルマのエアコンフィルターは性能が良いので、

かなりの花粉や粉塵をブロックしてくれます。

スバルでお取付するエアコンフィルターも、花粉はもちろんPM2.5にも対応しています。

※※ 注意!! ※※

年式の古いお車(特に軽自動車)には、エアコンフィルターのついていない車種がございます。

エアコンフィルターのないタイプのお車で、エアコンを外気導入でお使いになりますと、換気はできますが、

花粉や粉塵などの室内への侵入は防げません。

お使いのお車にエアコンフィルターが搭載されているか知りたい場合は、

車体番号からお調べができますのでお問い合わせ下さい。

 

 

なお、長野若里店ショールームはといいますと、

バッチリ24時間換気の機能がありましたよ!

店内には手指消毒用のアルコールも設置してあります。

ご自由にご利用ください。

なお、感染予防の為、スタッフがマスクを着用してご対応させて頂く事がございますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

みなさまも健康に気を付けてお過ごしくださいね。

 

 

 

担当 CEM