スタッフブログSTAFF BLOG

【第2回】キャンプにGO!~信州まるべりーオートキャンプ場編~

2021.02.22
上田店

こんにちは、上田店の河合でございます。

今回は上田店より約30分の青木村にあります「信州まるべりーオートキャンプ場」に

新型1.8L直噴ターボエンジンを搭載したフォレスター(グレード:SPORT/色:クリムゾンレッドパール)でお邪魔してきました!

長野県の数少ない「通年営業」のキャンプ場です。(要予約)

外装は、新型フォレスターでは初のデュアルマフラー(2本出し)を装備し、ホイール・ドアミラー・ルーフスポイラー・シャークフィンアンテナ・フォグカバーをグレーメタリックにすることでよりスポーティーさを演出。

 

走りの印象は、新開発1.8L直噴ターボエンジンのトルクフルな走りとリニアトロニックの組み合わせでアクセルの操作にリニアに反応してくれます。

スポーツモードにすると、フラットなトルク特性で

「要求した加速以上に車の速度が出る」という昔のドッカンターボの特性もありません。

路面への追従性も高く、しなやかなサスペンションで私の嫌いな車高の高さからくる”左右に振られる感覚”も感じませんでした。

 

また新型フォレスターの”売り”でもあるバックドア開口部の広さもご覧の通り!

上記の荷物量なら…

後席シートを倒すことなく車載可能です。自身の車ですと(BR型アウトバック)ツールBOX×2個とクーラーBOXを縦置きで並べられませんので幅の広さの使い勝手は◎です!

 

キャンプ場手前1kmは林道が続きます、すれ違いは道幅の広くなる区間で難しそうです。

未舗装区間で、轍も大きめですので車高の低い車は注意が必要です。

ここで!頼りになるのが、フォレスター全車標準装備である”サイドビューモニター”

狭い道での運転の不安を解消してくれます。

ぐいぐい登っていきます。スバルで一番余裕のある最低地上高220mmで下回りをぶつける不安もありません。

こういった使い勝手の良さや、走行フィールドを選ばない自由度の高さがSUV人気のポイントでもあります。

 

あっという間に到着です、オーナー様はもともとこのキャンプ場の常連さんだったようです。

大変親切に対応して頂きました。(ブログ掲載も快諾頂きありがとうございます。)

サイトは約40区画、AC電源付サイトもあります。オートキャンプ場なので車の横付けができます。

各サイトともわずかに傾斜がついており、突然の大雨でもテント水没の心配もなさそうです。

こういった配慮はキャンパーにとって非常にありがたいですね。

 

さて、夕食は簡単に済ませます。

 

↑個人的に簡単おススメ料理です、鳥皮を軽く炒めてそこにネギを加え味付けは塩コショウのみです。

簡単で、つまむのには最適です。脂が多く出ますのでキッチンペーパで適宜脂を取って頂くとより◎です!

 

夜は当然、寒い…ですが、耐えます!あいにく低気圧の接近で風は強かったのです。

AC電源サイトでしたので、小さい暖房器具でなんとか朝を迎えます…。

さっと朝食を取り、帰宅です。

登ってくる際はあまり感じませんでしたが結構な傾斜です。

路面の凹凸も多い為、速度の調整が難しいです。

こんな時には「X-MODE」の機能の1つ”ヒルディセントコントロール”を使ってみます。

轍が多い路面で傾斜がきついと体が左右に振られながら、ステアリング・ブレーキの操作をしなければいけません。

速度を一定に保つのが難しいシーンでも凸凹道でも一定に速度制御してくれます。

運転手は安心、同乗者も快適です。

 

上田店では、今回登場したフォレスターSPORTの試乗が可能です、気になった方はぜひ試乗しに上田店へお越し下さい。

またスバル信州各店舗他グレードの試乗車のご準備もございます。

(すぐにご準備できない場合もございますので、ご試乗ご希望の際はお電話で各店舗にお問い合わせください)

 

おまけ…

今回登場したスパナくん(上田店事務スタッフ作)は表紙ページを除いて写真の中に8回登場しています。

探してみてくださいね!