スタッフブログSTAFF BLOG

EJ20 Final Editionの魅力を熱く語る

2019.10.22
松本村井店

皆様こんにちは。松本村井店の早野です。いよいよ話題の555台限定「EJ20 Final Edition」が10月24日(10:00AM)から抽選申込み解禁になります!EJ20エンジンは、平成元年1月発売の初代レガシィから始まり、SUBARUの水平対向エンジンの中で最も歴史ある名機です。そのEJ20エンジン最後の限定車が発売されます。過去の限定車も振り返りつつ早速見ていきたいと思います。

SUBARUで限定車というとSTIコンプリートカーが、発売当日に即完売になり、お金があっても買えない事がある幻の車種となっています。STIコンプリートカーは「運転が上手くなる」「愉しさで世界ナンバーワン」をコンセプトに、日常のファミリーユースとハイパフォーマンスを両立し、欧州プレミアムカーと同等以上のエンジン性能を実現しながら、リーズナブルな価格設定をしています。そのため発売当日に完売なるモデルが続出しています。

 

2015年の「S207」(税抜5,550,000~5,900,000円)は、400台限定にも関わらず即日完売!バランス取りされたEJ20エンジンを専用ECU、専用ボールベアリングターボ、専用底背圧マフラーで、2.0L水平対向エンジン歴代最高の328PSを実現しました。インテリアには、贅沢にセミアニリンレザーを使用したSTI製RECAROシート(シートヒーター付)や吸音材、防振材を配置してスポーツカーでありながら静粛性と快適な乗り心地を実現しています。

2017年に発売した「S208」(税抜5,800,000~6,580,000円)は、450台限定のSUBARU初の抽選販売方式となりましたが、こちらも限定台数を大きく上回る注文がありました。バランスドクラッチ&フライホイール、インタークーラーウォータースプレー、底背圧パフォーマンスマフラーを採用して最高出力329PSにレベルアップ。さらに「S208 NBR CHALLENGE PACKAGE」は、ロール慣性モーメントを低減するドライカーボンルーフ、空力性能を高めたドライカーボンリヤスポイラーを装備し、ニュルブルクリンク24時間レースのノウハウを市販車に注入されました。

2018年の「WRX STI TYPE RA-R」(税抜4,628,000円)も発売初日の午後17時45分に500台が即日完売。RA-Rは、STI製BBS18インチアルミホイール(マットブラック)、ドライカーボン製エアロドアミラー、ウォッシャータンク(4L→2.5L)、スポーツシート(ファブリック&トリコット)、STI製ジェラコンMTシフトノブ、リヤワイパーレス、リヤシートアームレストレス、スペアタイヤレスなどなど、S208で1510kgあった車両重量を1480㎏まで軽量化。そこにS208の329PSのパワーユニットを積んだことで、パワーウエイトレシオ4.498を実現し「走る・曲がる・止まる」という性能を極限まで磨きました。

中田課長がRA-Rを熱く語る 2018.07.19

RA-Rは松本村井店ブログでも取り上げましたね。

 

前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ「EJ20 Final Edition」のご紹介をします!

WRX STI EJ20 Final Edition 4,521,000円(消費税10%込)

WRX STI EJ20 Final Edition FULL PACKAGE 4,851,000円(消費税10%込)

●RECAROフロントシート(運転席8ウェイ&助手席8ウェイパワーシート)

●ウェルカムライティング(フットランプ付)

●アドバンスドセイフティパッケージ(スバルリヤビークルディテクション/ハイビームアシスト・自動防眩ルームミラー付/フロント&サイドビューモニター)

ボディカラーは「WRブルー・パール」「クリスタルホワイト・パール」「クリスタルブラック・シリカ」の三色です。

 

主役は名機EJ20バランスドエンジン。最高出力308PS。EJ20 Final Editionオーナメント付。

BBS鍛造19インチアルミ&245/35R19タイヤ。WRX伝統のゴールド塗装が復活。WRCに参戦していたインプレッサが装着していました。ブルーのボディとゴールドホイールが戦うスバルの象徴です。

ウルトラスエード巻ステアリング、艶消しカーボン調パネル。シートベルトはシルバーです。

 

第一印象は予想より安い?!(コンプリートカーを見た後だと金銭感覚が麻痺します笑)

ちなみにベースのType.Sで4,191,000円(消費税10%込)なので税抜30万円高。

 

あとバランスドエンジンなのにベース車と同じ308PS??

最近のコンプリートカーは328〜329PSなのに。

 

この疑問については中田課長に聞いてみました。

「バランス取りって簡単に言うけど、エンジンチューニングの中では最も難易度が高いんだ。車メーカー以外では費用や技術的、設備的に莫大なコストがかかるんだ。過去にレガシィBE型のS401や、レース用のエンジンでバランス取り手組みエンジンを高回転まで回したことがある。結論から言うとパワー感は変わらない。違いは5千回転からレッドゾーンまでのフィーリングが全然違う。EJ20は屈指の高回転型エンジンだから、さらにそのエンジンフィールは格別なもの。鳥肌もんだよ!本当に鳥肌が立つ。自分の頰を触って確かめた事あるよ・・・」

との事です。要約すると、パワーというよりはフィールらしいですね。

ちょと余談ですが、結論から言うとって言う人の話は長いですね…。

皆さんもこの車を手に入れて、鳥肌を立てた自分の肌を確認しましょう。

 

 

◆ファイナルエディション商談の流れ◆

商談エントリー期間:2019年10月24日〜2019年11月10日

お申し込みはお一人様につき1回のみです。

本人以外の第三者への譲渡はできません。

お申込み時のお名前とご成約時のお名前が一致しない場合、ご成約が無効となる場合がございます。

転売目的であると判断された場合もご成約が無効となる場合がございます。

全国555台抽選:2019年11月12日〜2019年11月13日

ランダム関数を使用して応募者全員に番号を付与し、555番以内の申込者を優先購入獲得権者に決定。

車両注文期間:2019年11月14日〜2019年12月18日

11月14日16時以降に事務局よりお客様の登録メールへ優先購入権獲得通知を送信。

優先購入権獲得された方から正式契約。

ボディ色、メーカーオプション、ディーラーオプションは、商談時にお客様のご希望により指定できます。

生産開始:2020年1月10日予定

生産終了:2020年3月31日

生産後に順次納車予定です。

 

◆もし抽選に外れても‥◆

555番までの中で12/1までに商談が流れた場合、次の若い番号のお客様に優先購入権が回ってきます。555番に入らなかった方も、もうワンチャンスあるかもしれません!(番号が若ければですが…)

そして通常のWRX STIシリーズ(6MT)も12月23日を持って注文打切りになります。イエローカラーのブレンボブレーキの方が好みかなって方も多いと思います。どちらにしても名機EJ20エンジンを新車で買える最後のチャンスです!

松本村井店にはWRX STIの試乗車をご用意しています。熱いスタッフが皆様のご来店お待ちしています。

 

 

◆おまけ◆

EJ20エンジン生産終了がわかり、松本村井店の新人、北原スタッフも今月WRX STIをオーダーしました!(写真はデモカーです)

いつかは!いつかは…と思ってた方々、今ですよ!