スタッフブログSTAFF BLOG

2019年は消費税以外にも増税があります!

2019.01.10
松本村井店

新年明けましておめでとうございます。

松本村井店の早野です。

今年も皆様に有益になるような情報をブログでお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

早速、1/5-6の初売りに多くのご来場ありがとうございました。

今週末の3連休1/12-13-14も初売りフェアを開催していますので、是非お出かけください。

2019年という平成最後の年ですが、忘れてはいけないのが10月にいよいよ消費税が8%から10%に上がりますね。

クルマも高額商品のため、最近お客様からも「クルマ買うなら増税前がいいな」という声が目立ってきました。

でも10月からだからまだいいか、とお考えの方、、、

ご注意ください!!!

 

実はクルマには消費税増税以外にもう一つ増税があります!

何かというと平成31年4月1日にエコカー減税が一部終了します。

SUBARU車の主なエコカー減税対象車は、燃費のいいe-BOXER搭載の「SUBARU XV Advanceグレード」と同じく「フォレスター Advanceグレード」です。

ちなみにどのくらい影響(増税)があるかということで、3月と4月の見積書で試算してみました。

自動車取得税にご注目ください。

ちょっと分かりにくいので拡大↓

まずXV Advanceの取得税は、3月登録まで44,300円なのが4月登録から73,900円の29,600円増税。

3月登録だと自動車税が0円なっていますが、毎年5月に一年分の自動車税納付書が送付されます。実はそこも自動車グリーン税制で翌年度19,500円減税されます。

一年だけですが、通常自動車税39,500円のところ19,500円減税で20,000円のお支払いになります。

このグリーン税制も31年3月31日まで適応されます。

つまり取得税減税終了+グリーン税制の終了でSUBARU XV Advanceの 4月1日以降登録だと49,100円増税。

 

続いてフォレスター Advanceの取得税は、3月登録まで51,100円なのが4月登録から85,300円の34,200円増税。

4月1日以降登録だとグリーン税制19,500円が受けられなくなるとして、フォレスターAdvanceは53,700円増税。

 

 

そして一番影響が大きいのが、フォレスターAdvanceの「大型サンルーフ」付きです。

大型サンルーフ装着車は車両重量1,660kg以上になるので、エコカー減税率がさらに上がります。

大型サンルーフ付きのフォレスター Advanceの取得税は、3月登録まで34,600円なのが4月登録から86,600円に52,000円増税。

これも4月1日以降の登録だとグリーン税制19,500円が受けられなくなるとして大型サンルーフ車は71,500円の増税。

 

しかも新型のSK型フォレスターの大型サンルーフは減税だけでなく、メーカーオプション54,000円と破格の価格設定になっています。

旧SJ型の大型サンルーフの価格が108,000円だったので半額ですね。

これにAdvanceのエコカー減税を加味すると実質32,400円で大型サンルーフが付けられる計算です。

将来、下取り価格にも影響するので、大型サンルーフは付けておいて損はないと思います。

 

このようにグレード、オプションによってエコカー減税の価格が変わります。

エコカー減税の詳細はメーカーのHPにも出ていますのでご確認ください。

 

重要なポイントがエコカー減税受けるには、3月31日までに契約でもなく納車でもなく3月31日までにナンバー登録なんです(重量税は平成31年4月30日登録まで減税されます)。

登録するには車が生産されてからなので、SUBARU XV Advanceもフォレスター Advanceもすでに現在ご注文で3月生産になっています。

エコカー減税の恩恵を受けるには早い者勝ちです。

という訳ですのでAdnanceグレードご検討中の方は、至急でご来店お待ちしております!

さらに3月契約までAdvanceグレード限定で、残価設定型クレジット特別金利2.9%キャンペーンも実施中です。