スタッフブログSTAFF BLOG

10月1日から何がどう変わるのか??

2019.09.13
松本村井店

10月1日より消費税が10%になり、日常生活でも様々なサービスの価格が改定されますね。

食べ物一つでも、軽減税率で8%の物があったり10%の物もあったりと、しばらく混乱しそうです・・・。

自動車業界は、購入時に2%値上げだけでなく、車に関わる税金が大きく変わります。

具体的には、新車購入時に掛かっていた自動車取得税が廃止され、その代わりに環境性能割が導入されます。

さらに毎年納めている自動車税の税率が引き下げられます。

 

取得税は廃止されるのですが、2020年度燃費基準の達成率によって、非課税、1%、2%、3%と課税されます。さらに2020年9月30日までは、臨時的に全車種1%軽減されます。

なんだか複雑ですね!(笑)

 

とりあえず、いくら変わるか同一車種で9月登録と10月登録で見積もり比較してみました。

調べた結果は、SUBARU車で本体価格が一番高いWRX STIの総額500万円で約5万位の増税。

総額300万円のインプレッサあたりで約2万円ほどアップ。

軽乗用車で約1万円ほどアップと、増税後も新車の値上がりは微増です。

逆に取得税が廃止され、環境性能割が非課税になるAdvanceグレードは、10月の増税後の方が若干下がる仕様もありました。

10月1日から単純に本体価格に2%増税という訳ではありませんでした!

 

《補足》

同一車種でも、グレードや選択するオプションによって税金の額が変わってきます。

新税制は2019年10月1日の新規登録分から適用となります。

2019年9月中のご成約の場合でも、ナンバー登録が2019年10月1日以降の場合は、新税制が適用となります。

具体的な納期やお見積りについては、スバル信州のカーライフアドバイザーにお問い合わせください。

 

↓↓詳しくは画像の資料を参照ください。

それともう一つ、毎年5月に支払う自動車税も10月1日の新規登録分から引き下げられます(軽自動車を除く)。

SUBARU車だと排気量1000ccのジャスティが、29,500円→25,000円と年間4,500円減。

SUBARU車では一番多い排気量~2000ccまでのレヴォーグ、WRX、インプレッサ、SUBARU XV、フォレスター(Advanceグレード)、SUBARU BRZが、39,500円→36,000円と年間3,500円減。

2500ccのレガシィB4、アウトバック、フォレスター(ガソリン車)は、45,000円→43,500円と年間1,500円減。

排気量が小さいほど減税の恩恵が大きくなっています。

自動車税は毎年の支払いなので、長い年数を乗れば乗るほど減税の恩恵が大きくなります。

つまり新車で消費税2%増税しても、乗る年数によっては、自動車税の減税分で取り戻せる計算です!

 

という訳ですので、環境性能割と自動車税の減税が始まるので、消費税10%後も安心して買ってください。

今週末の9月14日(土)から9月23日(月)まで豪華ご成約プレゼントが貰えます!

お得なタイミングに是非!!

 

 

おまけ情報

長野県・自転車損害賠償保険等の加入義務化

令和元年(2019年)10月1日から、長野県内で自転車を利用する際には、自転車損害賠償保険等への加入が義務化されます。

過去の高額賠償の事例だと、2013年、当時小学五年生だった少年が乗った自転車と歩行者の衝突事故をめぐり損害賠償訴訟で、神戸地裁は、少年の母親(40歳)に約9500万円という高額賠償を命じました。

こういった多額の賠償請求による加害者側の経済的な破綻を回避するために、長野県では、自転車損害賠償保険加入の義務化することとなりました。

 

今月に入ってから松本村井店へのお問い合わせが多くなっています。

というのも実は“自動車保険”の特約で、自転車事故時の賠償責任をカバーできるんです!

しかもとってもリースナブルな価格で!

「自転車に乗るけど、まだ保険に入っていない」という方は、担当カーライフアドバイザーにお問い合わせください。