スタッフブログSTAFF BLOG

七代目・世界初公開!

2019.02.10
松本村井店

こんにちは、松本村井店です。

日本時間の2月8日(金)午前0時に、七代目となる新型レガシィがシカゴオートショーで発表されました。

SUBARUフラッグシップのレガシィに、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用して、いよいよ次世代スバルの真打登場ですね。

北米仕様ですが、2.4L水平対向直噴ターボエンジン2.5L水平対向直噴エンジンを採用。

さらに、ボディ骨格を強固に組み立ててからアウターパネルを溶接するフルインナーフレーム構造をSUBARUとして初採用ということで、大幅に上がったとされる動的質感も気になるところです。

公開された画像からも、11.6インチ縦型ディスプレイや内装にはタンカラーのナッパレザーを使い、上質なインテリアに仕立ててあるのが伝わります。

北米では、米国生産拠点 Subaru of Automotive,incにて生産し、2019年秋ごろから販売開始とのこと。

気になる国内発売は未定ですが、今から楽しみですね!

 

SUBARU 新型「レガシィ」セダンをシカゴオートショーで世界初公開

 

初代レガシィが1989年(平成元年)2月に登場してちょうど30年。

「EJ20エンジン」「アイサイト」など、今のSUBARUを代表する様々な技術が歴代のレガシィから搭載されてきました。

ちなみに1989年といえば、「トヨタ・セルシオ」、「日産・スカイラインGT−R(R32)」、「ユーノス・ロードスター」など、自動車業界の歴史上でも稀に見る名車が豊作の年で、そんな年に「スバル・レガシィ」も登場しました。

実はレガシィの登場は、当時SUBARUではとても画期的でした。

それまで発売していたレオーネは、水平対向エンジンとAWDは好評でしたが、お客様から「パワーがない」「曲がらない」「高級感がない」「スタイリングが・・・」という声が多かったと聞いています。

そして、伝統の強みである水平対向エンジンAWDの技術は継承しつつ、不評な部分を全てを払拭し、SUBARUにとってレガシィは歴史的な一台となりました。

 

松本村井店でレガシィというと、ブログ初登場の佐藤係長!

学生時代に免許を取ってから今まで、ずっとレガシィを何台も乗り継いでいます。

SUBARUセールスの鏡ですね。

現在の愛車、現行レガシィ・アウトバック(BS9)も2台目です。

そんなレガシィマイスターの佐藤係長にレガシィの想いを聞いてみました。

 

〈以下、佐藤係長コメント〉

レガシィといえば、数年前に小池都知事が、東京オリンピックのビジョンで「レガシー」という言葉を多用していたので、その意味は皆様もご存知かもしれませんが、あれは「遺産」という意味で使っていました。

ただ、SUBARUの「レガシィ」という意味の由来は、「大いなる伝承物」としています。30年前にこのネーミングをつけた人は天才だと改めて思いました。

 

国内は、今でこそインプレッサやフォレスターの方が販売台数が増えていますが、やっぱりスバリストはみんなレガシィが大好き。

我々もこの先何十年もこの想いを引き継ぎ、大切に売っていきたいと思います。

 

最後に、私の好きなネーミングのSUBARU車は、三代目レガシィの時に特別仕様車として発売された「ブリッツェン」!!

その意味は、ドイツ語で「稲妻」!!  渋い・・!