スタッフブログSTAFF BLOG

スバル信州バースデイ。おかげさまで11歳。

2019.10.01
松本村井店

おかげさまで皆様のご愛顧を頂き、スバル信州は令和元年10月1日を持って11歳になりました。

これを機会に11年前の平成20年10月1日を振り返ってみましょう。

当時、SUBARU(富士重工業)といえば「レガシィツーリングワゴン」でした。

現在のSUBARUの代名詞にもなった運転支援システム「アイサイト」が初めてレガシィに搭載された年でもあります。

他に登録車は「インプレッサ」と「フォレスター」のみで、やっとこの年に「エクシーガ」が登場したころでした。

 

自動車業界全体では、ホンダフィットが販売台数ナンバーワン。軽自動車はスズキワゴンRがトップでした。

世間では夏の北京オリンピックで、北島康介の二連覇、女子ソフトボールの金メダルのシーンをテレビで見ていたことを思い出します。

そして、スバル信州発足寸前の平成20年9月には、リーマン・ブラザーズの経営破綻。世界経済が大恐慌に陥った「リーマンショック」が起きました。

弊社も例外ではなく「節約」との大号令がかかり、「カラーコピー禁止」、「裏紙の利用」、「蛍光灯の本数抜き」を余儀なくされた事を思い出します。

 

さて、時間をさかのぼり、ひと時の時空旅行を楽しんでいたら、なんとタイムリーにお客様からプレゼントを貰いました!

1962年(昭和37年)元旦の新聞広告を発見したとの事です。

このお客様は表具屋さんで、古い襖を解体している時に偶然発見し、わざわざ私達に見せたくて持って来ていただきました。

当時のことがわかる貴重な資料なので、ブログにもアップさせて頂きます。

「空に陸に 新しい時代をつくる 富士重工!」とのキャッチコピー。

昔のことはやっぱり中田課長かな?ということで当時のことを聞いたら、生まれてもいない当時のことを得意そうに教えてくれました。(得意のウィキぺ…を片手に…知ったか…)

 

まず空とは…

T1F2ジェット機を航空自衛隊の練習機として納入、松本空港にも来ていたYS-11の尾翼と主翼を生産していました。

次に陸。

国民的なスクーター「ラビットスーパーフロー250cc」と「ラビットジュニア」の二機種を販売。

トラクター、消防ポンプなどのロビンエンジンを搭載した農機具の生産。

そして、鉄道車両の「ディーゼル特急・はつかりキハ80型」を生産。

当時は多岐に渡った重工メーカーだったのですね。

そして我らが日本の代表的国民車「スバル360」を、東京タワー完成と同じ昭和33年に発売しました。

ここから現在のSUBARU車がスタートしたんですね。

 

あっ、マズイ!つい楽しい時空旅行を課長としてたらこんな時間に。部長に「頼むから、早く帰ってくれよな。残業時間が…」

きっと数年後には働き方改革が懐かしくなるんだろうな。