スタッフブログSTAFF BLOG

【長野若里店】気が早い? 否!!早めの支度がおススメです   増税前のスタッドレスタイヤ

2019.06.07
長野若里店

みなさまこんにちは!

すっかり初夏らしい爽やかな陽気ですね。

 

本日はスタッドレスタイヤのお話です!

こんな時期に?まだ早いでしょ!と思われますよね。。

いえいえ!!

皆様ご存じの事と思いますが、10月に消費税が8%から10%に引き上げられます。

長野県にお住まいのユーザー様には必需品のスタッドレスタイヤ…自動車の消耗部品の中でも高額です。

消費税引き上げ前の今のうちに用意しておくのがとってもお得なんです!

 

お乗りのお車のスタッドレス、そろそろ替え時が近づいてる…!

新車を購入したけどまだスタッドレス用意してない!

思い当たる方は是非、当店までご相談くださいね。

 

ちなみに、スタッドレスタイヤの残り溝の確認方法は…

 

※ブリヂストンタイヤ様のカタログより抜粋

 

タイヤには、残り溝の深さが⒈6ミリを示す目安になるスリップサインというものがあり、

スリップサインが1箇所でも出ていると使用してはいけないと法律で定められています。

  これが磨耗してスリップサインの現れた夏タイヤ。

 

こちらがスタッドレスタイヤのスリップサイン。

 

スタッドレスタイヤには、残り溝の目安となるスリップサインのほかに、スタッドレスタイヤとしての限界を知らせるプラットホームというものがあるんです。

こちらがスタッドレスタイヤのプラットホーム。

 

上記のように、スタッドレスタイヤの性能の限界であるプラットホームが露出していなくても、経年劣化等によりゴムが硬くなってきていると性能が落ちてきているサインです。

この機会に気になった方は確認してみて下さいね!

 

担当CEM